福井県 敦賀 釣り船 泰丸!

福井県の海釣りは、釣り船泰丸におまかせ!お問い合わせ ご予約は0770-26-1722
ご予約についてメール会員募集中ライン
福井県敦賀 釣り船泰丸|女将の日記

福井県敦賀 釣り船泰丸トップページ >>> 女将の日記

女将の日記 アーカイブ

福井県敦賀 釣り船泰丸|メンバーズカード 季節の釣りもの 株式会社ハリミツYahoo!天気予報|福井県敦賀SHIMANO 探見丸 搭載船水島海水浴場

福井県 敦賀の釣り船・泰丸 女将のR18日記

2006.03.26 更新

久しぶりに楽しんでいただけました♪

昨日(25日、土)今日と、とてもいいお天気に恵まれ、釣りにはもってこい!でした。
しかしながら、五目釣りの人気はそんなにないのでしょうか???
あまりお客様が集まってくれず、少人数での出船となりました。
すると、早速春休みに入っているうちのチビちゃん、
『僕も行きたーい!!』と船長にすがっています。が、船長は知らん顔(`ヘ´)
するとそんな様子を見ていた、気のいい城戸さんが、
『お~乗ってこい!来い!おんちゃんが面倒見たるで!』
『ほんま?おんちゃん、いいか?』 すっかりその気になってしまい、
船長も渋々、承諾せざるを得ません・・・・
ですがxxxx このチビちゃんがなかなかのやり手でして、いきなり1匹目をあげてしまいました。
横にいる城戸さん、
~まぐれやわい!~って、余裕かましていると、またもや2匹目GET!
~あれ?どうなってる?~って、不思議がっていると、またもや獲物が・・・3匹目です。
嘘のようなんだけど、これがホントの話で、もう完全に焦り出している城戸さん。
『面倒見るどころじゃないわい!』 本気モードに入ります!
けど、さすがにチビちゃん、持久戦には弱く、最初に楽しむと後はベットでスヤスヤzzzzz
城戸さん、内心ホッ。。。と、できた事でしょうよ・・・
後は、マイペースを保ち、お家へのお土産をしっかり釣ることが出来ました\(^o^)/ワーイ、よかったですね!
そして、そんな釣果をいち早く、ホームページで見た千葉さんから電話です。
『明日、一緒に乗ってきてくれへんか???』って、チビちゃんに懇願しているではありませんか・・・
『うん、ええで~。千葉さんの分も釣ってあげるわ!』???
『そ~か~、ほな頼むで~』??? 
けど、朝になって 『千葉さん、ごめ~ん。僕、今日は友達と遊ぶ約束しとったんや!また今度な!』
『そ~か~、残念やな~。』 
『おんちゃん、ひとりでがんばっておいで!餌取りが多いからな。』 
『そ~か~、わかった。』???
なんとも笑えるやりとりでした。ヾ(@^▽^@)ノ
が、ご心配なく!! 千葉さん、ちゃ~んと釣りましたよ、ひとりで。
チダイやらチカメキントキやらで、にぎやかなクーラーの中身でした。
が喜びもつかの間・・・ 帰り際にしっかりクギさされてました、チビちゃんから。
『今度いつ来る?その時に勝負や!』と。 
冷や汗、タラ~( ̄□ ̄;)!! ですね・・・・

007 久しぶりに楽しんでいただけました♪
ちょっと得意げなチビちゃん。

2006.03.22 更新

暑さ、寒さも彼岸まで???

ヤリイカには、ほとんど期待できないので、21日の午前便は五目釣りにて出船しました。
お久しぶりに来てくれたお客様の面々・・・
『新造船も見たかったけど、女将の顔もね・・・・』な~んて嬉しい事言ってくれたりなんかして・・・(*^.^*)エヘッ
で、お土産もいただいたんです。が、これまた 奇妙というか、貴重というか???
今までに見た事のないような‘ひょうたん’をくれたんです。ニヤニヤしながら・・・・
ありがた~く、飾らせていただきます。決して、使ったりしません。ハイm(__)m
さて、釣果はといいますと、型のいいチカメキントキなどが釣れたようで、
『あら~、釣れたんや・・・』と思わず発した言葉に、
『これやもんな~』って、反対にガックリさせてしまいましたxxxx(+。+)アチャー。
けど、今までの釣果が釣果なだけに、魚にびっくりしたんです。
決してあなたが釣ったから、びっくりしたんじゃ~ないのよ???
あれ? 言い訳になってないか?
まぁ、とにかく お家へのお土産ができたから、よかったと思います。
暑さ、寒さも彼岸まで・・・の言葉のように、もうそろそろ暖かくなって、釣果にも期待したいものです。

006 280x373 暑さ、寒さも彼岸まで???
ありがた~い海運七福神様です!!

2006.03.15 更新

一時休船?

めでたく新造船就航したけれど、あまりにも悲惨な釣果に出船もできず・・・
おまけに敦賀では、雪が降るありさま・・・・
昨日の3月14日は本当の‘ホワイトデー’になっちゃいました。
世の男性方、バレンタイデーにいただいたお返しはちゃんとしましたか?
私はと言えば、お義理であげた方からは、過分なるお返しをいただき、『ラッキー☆』
息子たちからは、肩もみという形でのお返し 『う~ん、楽ちん♪』
で、肝心の旦那様からは・・・・ 『エへへ、うふふ、いや~ん。。。』(ここまで)
今日の朝、目覚めは、格別よかったですわ!化粧ノリもいいかも? (⌒ー⌒) ニヤリ
一時休船なもんで、仕方ないんですぅ~
出船したあかつきには、精一杯 お仕事、がんばりま~す!(*^.^*)エヘッ

004 一時休船? 005 一時休船?
屋根には雪が… ブイにつながる<泰丸>

2006.03.05 更新

めでたく初出船です!

いよいよ、と言うべきか?とうとう、と言うべきか?
今日5日は、記念すべき 新造船にての初出船=初釣りとなりました。
空は、すこぶるよい天気♪ お客様も この上ない上機嫌(^O^)/
『1番のり、幸せ~♪』
『釣り、釣り、釣り!!よりも・・・泰丸よ~』
『すっご~い!ひろ~い!』
『おぉー、キャビンで楽に寝れるぞ~』
『電子レンジもあるぅー!』 などなど・・・それは、それは にぎやかな出船前です。
それもそのはず・・・・総勢22名の皆さんが乗り込みました。
にぎやかになってもおかしくはないですよね。
皆さんに感激してもらえたら、この新造船を手掛けた努力も報われます。ホッ。。。
今日はひとまず、1番に新<泰丸>の乗り心地を体験してもらった、って事で良しとしてもらいましょうか・・・・

 

003 1 めでたく初出船です!

2006.03.03 更新

進水式を終えて・・・

朝起きて、びっくり!! 雪で屋根が白くなっているではありませんか・・
あぁーあ、今日に限って天気予報が当たるとはxxx 皮肉なモンです。
せっかくの進水式ですもの、パァ~っと晴れてほしかったです。。。。
が、だんだんと雪が小止みになってきて、3時ごろには、完全に雪も止みました。\(^o^)/ワーイ
さぁ、たくさんの大漁旗を掲げ、皆様にお披露目です。
大勢の方が見に来てくれました。
とてつもない大きさに、皆な 唖然の表情です。\(゜o゜;)/
ましてや、中の装備を見たら・・・・ ちょっと自慢できる船になりました。
さて夕刻6時からは、この進水船祝いの宴の始まりです。
私もちょっとめかしこみました。そう!‘馬子にも衣装’‘ブタに真珠’とやらの、ことわざどおり。(+。+)アチャー。
けど!いつもにない私の姿に、船長が少しだけ鼻の下を伸ばしてくれたから嬉しかったわ(*^.^*)エヘッ
宴は、大勢の人からお祝いのお言葉を頂戴し、樽酒の鏡割り、また華添える歌も歌っていただき、
大変にぎやかなものとなりました。 ありがたい気持ちでいっぱいです。
これからも諸先輩方のご指導、ご鞭撻を節にお願いする次第であります。
そして、1本締めにて無事、船祝いを終えることができました。
翌朝4日にも また雪が散らついています・・・・
今日は、とうとう前の泰丸とのお別れの日です。
雪が散らついているせいもあり、悲しく、せつないキモチでいっぱいです。
涙が溢れてきます・・・・
桟橋でのお見送りは家族一同、見えなくなるまで・・・・
『今までありがとう!これからも元気でね~。九州でもかわいがってもらいなよ~』と。
今までの泰丸に感謝の意を評し、これからの<泰丸>に夢を託す、私達でありました。
合掌

 

001 1 280x186 進水式を終えて・・・ 002 1 280x186 進水式を終えて・・・
大漁旗をたくさん付けてのお披露目です! 馬子にも衣装…?

2006.03.01 更新

初日記

2月28日午前4時、九州は伊万里より<泰丸>新造船の航海が始まりました。
『凪の状態であれば、12、3時間で着くばい!』 と造船所の社長さん。
なんてたって、1,000馬力ですもんね~~(⌒ー⌒) ニヤリ
しかし、荒れも荒れ、大荒れの中の航海となりました。
速力はたったの5ないし6ノット。進めど進めど先は長くxxxx 到着時間も全然予想つかず、
といった状態となりました。
ありゃ、りゃ・・・・ 果たして、無事帰ってこれるんやろか?って、だんだん心配の方が大きくなって・・・
横では、何やら護衛?までついていたんですって・・・(;´д`)トホホ
とうとう、帰港は、翌朝に持ち越されました。
『もうすぐ、着くからな~!』との船長の連絡に、胸を躍らせたのはいうまでもないでしょう\(^o^)/ワーイ
桟橋に着いて、顔みるなり飛びつきたかったけど、ここは抑えて、
『おかえりなさ~い、お疲れ様でしたぁ~』とだけ。お楽しみは、後から。(^з^)-☆Chu!!
さて、堂々たる新造船の姿には、ホント惚れ惚れとします。
これからこの船にたくさんの夢と希望を乗せるんだな♪って、改めて思う次第であります。
が、新造船就航は、第1歩。これから2歩、3歩と進める過程がより一層、大切な事なので、
その事をしっかりと肝に命じ、がんばる所存であります。
最後に、今回の新造船就航をまるで自分のことのように、喜び、もしくは心配してくれた方々には、
本当に深く感謝致しております。 心より御礼申し上げます。
 ありがとうございました。m(__)m